長寿

uTraceのキットが到着しました。箱開けから別ページに掲載していこうと思います。

ところでB-52・ストラトフォートレスという爆撃機があります。 1952年初飛行ですが、米空軍は2040年まで現役で使用する予定だそうです。

ということは退役する頃は初飛行以来88年近く経ってるってことですね。 実際は1952年から1962年の間に製造されたようですが、一番新しい機体でも80年近く使う事になります。

1952年というとトランジスタがまだ開発されていない頃で、軍用に耐える高信頼半導体が出てくるのはまだだいぶ後です。ということはこのB-52、無線からレーダーから航法装置まで全部真空管で飛ばしてたんですね。  

もちろんその後電子装備は何度も入れ替えられて中身は全く変わっているようですが、まだ真空管を使っている機体もあるという話も聞きます。 どの部分なのかはわからないのですが、もしかしたら改良の意味が無いような部分の電源などに使われているのでしょうか。 

そう言えばいまだに時々出回っているベースにシリコンを封入して耐震性を高めてある5R4WGB整流管はB-52用だという話も聞きます。

まぁ考えてみたら軍用で無い真空管アンプも部品の経年変化はあるものの修理は簡単だし、トランスさえまともなら相当長い年月使用できますね。 1950年代のツィードアンプは2040年にも現役で使われてそうで、B52も目じゃないって事かも。 

Comments are closed.