17
Feb 09

感電防止

冬ですね。 真空管アンプの季節です。 冬は特に自作用にと多数のお客様が真空管を注文されるので、今ごろ皆さん自作アンプに灯を入れたりしているのではないでしょうか。 

ところで真空管アンプで避けて通れないのが高電圧です。 

真空管アンプを 自作、修理される方は高電圧を扱う際の注意事項をおわかりだと思います。 私達が親しくしている熟練リペアマンに聞いた真空管アンプ修理の鉄則というのをご紹介すると

  1.  内部を触る時は片手はポケットに
  2. 飲酒厳禁、絶対に酔って真空管アンプを触るべからず
  3. 電源のコンデンサーが放電した事を確認すること

です。 1は万が一感電した時、両手間に電流が通らないため。 2は事故の元を断つ!(経験から?)ですが、意外と多いのが3番です。 これは見落としがちで、不意打ちで痛い目にあうのです。

電源にブリーダー抵抗が入ってないとコンデンサーに蓄積された電荷でコンセントを抜いても高電圧回路(B+)に電圧がかかったままになります。 アンプによっては長い時は何時間も電圧がさがらないので確認しないで配線や修理を始めてしまうともちろん感電してしまいます。 

このB+残留電圧はTube Rollingするときにも問題になります。 たとえば半導体と真空管の両方を使ったアンプの場合、たとえプリ管でも電源電圧がそこそこ残った状態で真空管を抜き差しするとかなりの確率で周りの半導体がやられてしまいます。 

 また前回の雑記でソケットの劣化を防ぐために、真空管の根元をつかんでできるだけ揺らさずに抜くと書きました。 ですが、6550・KT88のような真空管でピン1が金属ベースに接続されているものがあります。 まれにですが、ピン1を配線ポイントに使っているアンプがあり、電源を切ったのにベースを触りながら抜き差しするとビリッときてしまいます。 

このような事を防ぐのはB+が放電してからにすれば安心です。 スタンバイスィッチがついているアンプはフィラメントを点火したままでB+を切る。 自作アンプや修理の場合はまず残留B+電圧を確認して、ブリーダーで放電させる。 

また、金属ベースをつかむ際は真空管が十分に冷えてから念のために布でつかむようにして絶縁するなどの注意が必要です。 

寒いこの季節、アンプいじりは楽しいものですが、みなさんぜひ安全にはお気をつけください。


02
Feb 09

ピン接触

同じタイプの真空管をいくつか聞き比べする事をTube rolling と言います。

たとえば同じ12AX7でもメーカーや製造時期によって意外と音が違うもので、これが結構おもしろいものなのです。 オーディオもそうですがギターアンプは特に音の違いが顕著で、問い合わせはよくあります。 なので、私達も門外不出の聞き比べ専用真空管コレクションを持っているぐらいです。

ところでこのチューブ・ローリングをくりかえしていると、真空管を何度も抜き差しするわけですが、これには気を付けないといけない点があります。

比較的新しいソケットは真空管を抜くときに力が必要なので、真空管を揺らすように斜めにする事をくりかえして抜いてしまいがちです。 これが後の問題につながります。

ソケットによってはこれでパワー管のセンターピンを簡単に折ってしまいますが、それより大きな問題はソケット内の接触金具を広げてしまうことです。これで抜き差しは楽になりますが今度は接触不良の可能性が出てきます。

プリ管で真空管を触るとバリバリ・ザーと言う雑音が出てきたりとまったりするのはこのソケットの接触不良です。 パワー管でも雑音がでるほかグリッドが接触不良を起こすと熱暴走につながります。

今使っている真空管で問題が無くとも、真空管のピン径にも違いがありますので、真空管を変えてみたらノイズが出てくるようになったと言うこともあります。ソケット内の金具はある程度動くようになっているので配線のハンダに応力が繰り返しかかり、イモハンダみたいにボロボロになった例を見たこともあります。

このように真空管の抜き方しだいでいろいろな問題につながるのですが、これを避けるには抜く時に注意するしかありません。

と言っても大した事はなく、頭を持って揺らしながら抜くことはせず、根元を持ってまっすぐに少しずつ抜くようにするだけです。 私どものエージング機材やテスターは年に数千本の真空管を抜き差ししますが、抜き方に気をつけているだけでソケットの金具が緩んでしまうようなことはありません。

他にもNOS真空管やビンテージアンプなどでソケットやピンの汚れから接触不良を起こす事があります。緩んだソケットと相乗効果で特に問題がおきやすいものです。 これは接点洗浄が必要ですがスプレー式はそこら中にかかってしまうので避けた方が賢明です。

古いNOS品の場合、私どもは写真のような接点洗浄ペンを真空管のピンに必要最低限つけ、完全にふき取ってからテストするようにしています。 ソケットが緩んでいなければ接触不良による雑音や動作不安定などの問題がこれでなくなります。